So-net無料ブログ作成

朝日の色と花の色 [ちょっと思うこと]

u.jpg
朝日の中に輝く満開の「卯の花」

新緑に浮かぶ白い色が、とても綺麗でした[ぴかぴか(新しい)]

イースターだよ!! だって「復活」でしょ!? [なんちゃってクリスチャン†]

72147491062.jpg
そういえば、2015.4.5はイースター(復活祭)なのでした

みなさん、最近どこぞの夢の国でも定着しつつある春のイベント
「イースター」何のことかご存知ですか?

イエス様が人類の罪を背負われて、何の罪も犯していないのに
十字架刑にかかって死なれたのは周知の事実なのですが
私たちクリスチャンが信仰を持つきっかけにもなる
キリスト教で最も重要な箇所が、核が、このイースターなのです

十字架刑にかかったイエス様が一度は完全に死んで(肉体の上でも死後状態)
岩に掘られた墓に埋葬されるのですが、
3日後に甦られるのです
3日後に甦られた日、それがイースター(復活祭)なのです
死を打ち破って復活される神、甦り復活する主。 それが、イエス様で
キリスト教の真髄です

父が倒れたと聞いた時、生と死どちらも覚悟しました
でも、今日はイースターじゃん!! 
復活して新しい命を与えられるかもしれない!!と
強気に思ったのは、事実です

そして、2015年のイースターは私にとって忘れられない出来事となりました
神の御業が父に、私に、家に、起ころうとしているのですから・・

どのくらいの時間があるかは分からない
でも、今までと違う新しい時間なのは間違いありません

父に神様の愛の言葉を伝えることができ、
主の愛で心が満たされ覆われ包まれるように・・
最後の顔が愛で満たされた顔で平安の内に終えることができるように、祈ります

だって、イースターなんだもん!!!
復活アリでしょ!!

父の復活 -猶予期間- [なんちゃってクリスチャン†]

本当に、奇跡だと感謝している
私の所属している教会の牧師様にも祈りを。
親しい兄弟姉妹にも祈りをお願いした・・

付き添っているときは、いつも祈り
患部に手を当てて、主に癒しと奇跡をより頼み、祈った・・

看護士さんもあそこからよくここまで回復したと驚く回復ぶり
当人も、家族も「運が良かったな」と思うだけかもしれない

でも、やっぱりこれは主の奇跡で、ここから福音が始まるのだと
父の最期の時をよりよいものにして下さるために与えられた時間なのだと思うのです
----------------------------------------------------------------------------------

2015.4.13  父の状態が安定しているため
        母が自宅に戻る

2015.4.15 一時退院
        兄が迎えに、談話室で新聞を読む
        外泊に向けた栄養士の話を聞く
        1日1600キロカロリーの食事制限

        帰りに天ぷら・かけうどん完食

2015.4.17  病院へ戻り、検査
        症状安定のため退院
        何かあったらすぐに救急車で来てくれるように・・とのこと

2015.4.19  妹夫妻 お見舞い
        
2015.4.21 病院へ検診 父が自分で運転していく

2015.4.22  病院へ検査 父が運転 症状安定 → 次は5月にきてくれ
         薬を多めに出してもらうように依頼

2015.4.25  お見舞い予定 

ということで、4/5~現在に至るわけなのですが、
退院とはいえ、現状の症状が落ち着いており、病室に空きがないので
自宅療養・・という意味の退院のため、喜ぶべき「退院」ではないのですが・・
爆弾を抱え、いつ爆発するか分からない状況であることは変わらないけれど
先々週の話とは思えないほどの展開と現状なのでした☆

こういう不安定な状況では、信仰が「力」となります
祈りを聞いてくださり、委ね依り頼ることのできる方が傍に、いつも共にいてくださるというのは
なんという恵みでしょう

クリスチャンでよかったと、しみじみ深謝なのでした・・
2754109.jpg
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。